読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pikapikachanのブログ

ターナー症候群と広汎性発達障害の娘と気ままに生きる♪

そろそろ化けの皮が剥がれ落ちる時

旦那が珍しくネタ提供してくれました(笑)

ここ暫くテレビもネットもじっくり観れて無かったので…

中島誠之助の鑑定がインチキだって言われて居るよ(笑)」と呟くピロリン。

 

 

「へぇ?そうなの」と今、ネット検索して見て…ブッ(; ̄ェ ̄)となる💦

 

 

私は貼り付け出来ない為、皆様も検索宜しく(笑)

曜変天目茶碗を国宝級と言うから〜どんなんかな🎵と楽しみにして居たら、

ありゃ〜酷いわ⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️⤵️

 

 

再現しようとして居る陶芸家が逆鱗するもの分かる(笑)

 

 

あれなら、姉御が作ったぐい呑の方が綺麗(笑)

天目では無いけれど、鉄釉の釉彩(*'▽'*)

姉御の特技?…釉彩(ゆうさい)

 

 

 

f:id:pikapikachan:20170125075443j:plain

f:id:pikapikachan:20170125075531j:plain

f:id:pikapikachan:20170125075618j:plain

 

 

あの番組が出来る前から骨董市巡りして居た姉御

あの鑑定士のお陰で、何でもかんでも物価が上がり

良い迷惑だった(−_−#)

次第に段々足が遠退く。

 

 

 

 

 

ブームが起きて陶芸の製作の本も沢山出回る

やたらと陶芸教室も氾濫する

 

 

するとね、、、

駆け出しとしてはやりづらいのよ(笑)

 

 

頭でっかちで客は来る訳。

私も知らない事も沢山有りますけども、

本を脇に抱えて通りすがりの客が言い放った台詞

客「この作家も知らないのΣ( ̄。 ̄ノ)ノ」

姉御「知りません」

客「有名な方なのに」

姉御は基本、あの人がどうとか興味無い(笑)

興味ある作家は調べたり、個展に足を運びます。

 

 

展示会スタッフもフォロー入れて下さったり、

同席して居た母が此れに切れた(苦笑)

客が脇に抱えて居た本に、

たまたま姉御も載せて居たのを母はすかさず

「そちらの本に娘も載せて居ます(@ ̄ρ ̄@)」

これで態度を豹変したのも言うまでも無い客(笑)

 

載せている作品をしっかり売りつけた母に…

販売員も感心して居たが、私は恥ずかしいだけだった(*´Д`*)

 

 

 

 

話を戻すと、

良くセールスが電話掛けて来るのが

「評論家の〇〇先生が批評して下さったものを載せます。

いかがでしょうか?」

 

何処の何方かも知らない人に批評して貰っても…

嬉しく無いし金もない(笑)丁寧にお断り入れる。

 

 

テレビコメンテーターを観ていても分かる様に

一貫してブレないなら信用する。

でも、風向きが変われば言う事がコロコロ変わるのが評論家。

 

 

鑑定士も同じだと思うのよねーっ。

ブームにしたツケは来るよね〜(笑)

これを曜変天目って…もう鑑定士お辞めになったら中島誠之助さんΣ੧(❛□❛✿)