pikapikachanのブログ

ターナー症候群と広汎性発達障害の娘と気ままに生きる♪

児童相談所で療育の検査

知的(療育)には問題無いが、生活面では大変なので、
精神障害手帳の手続きをする事になりました。


ターナーの医療費免除の申請が毎年有り、
これから医師の文書を取りに大学病院へ。


それを持って、市役所で書類揃えて保健所へ💧💧💧
何件回るねん❗となります(苦笑)





旦那に休んで貰って正解⭕でした(笑)
あと一件、精神障害の診断書を書いて貰う病院へ
行こうと考えましたが…時間切れ(苦笑)
大学病院だと予約が数ヵ月先とかになるので、
個人病院で新規で。


でもね~ターナーの先生と発達外来の先生と連携されて、
そこで「他所で診断書作成し手帳申請しました(☆∀☆)」
では具合悪いんでね(笑)
広汎性はここで診断して頂いたからf(^_^;

時間かかるけど、大学病院へ診断書作成して貰う方向へ
旦那と話しました。



昨日の夕方はバスケだったので、また送迎を旦那(笑)
皆ヨレヨレの1日でした⤵⤵




言葉の教室も手続きし通う予定です。
児童相談所でも是非通って下さい(^∇^)と言われました。

ハードになればバスケは辞めないと行けませんが。
ターナーで「運動もしてくれ」と言われ始めたのですが、
娘に負担が増えるといけませんし悩むところ😭💦💦




今年1月、広汎性の傾向の診断書を学校へ提示したから、
男の子7人から叩く蹴る事件も校長&教頭先生から
加害者生徒達へ指導頂けたと思うので、
ただ相談だけでは、1年の担任みたいに軽くあしらわれる
と思います😠〰💣



なので、手帳は大袈裟かも知れませんが…
有るのと無いのでは、教育現場での対応が違います‼
旦那は経験無いから分からないと思いますが、
私も小学2年で難聴の申請されていました。
聞こえの教室は1年で転校してから通い出しました。


親に色々と反発していたけれど、
親も早くに将来を考えて申請してくれていたんだな🎵と
今、有り難みが分かります❗(笑)




聞こえの教室に通っていた時は、
友達と遊ぶ時間もなく憂鬱でしたが。
お陰で国語は強くなりましたし、
受験時は特訓もして頂き高校も入れたと思います❗






発育で悩まれている方やご本人、
何も恥ずかしい事では無いので、
家族や担任、医師、児童相談所、役所、
相談に乗ってくれる人が見つかるまで
諦めないで下さいm(__)m


これも相性と出逢いだと思いますので😆🍀


発達障害は親のせいでも有りません😃❤😃
自分を責めないで下さいね。






娘は検査で、問題が起こったりした解決策が
「諦める」だったそうです💧💧💧(苦笑)

検査員の方も「そういう選択肢もあるなぁ(笑)」と。
通常は目標クリアする為に
「これをしてダメだったら次はこれをしてみる」
と言う回答を望まれて居たのでしょう(苦笑)




娘にもメンタル鍛えて来たつもりが~
拍子抜けでしたゎ…( ̄▽ ̄;)



諦めない心を教えて行きたいと思います(¨)(‥)(..)(__)