pikapikachanのブログ

ターナー症候群と広汎性発達障害の娘と気ままに生きる♪

将来の夢

娘がターナー症候群と診断され、
と言う事は「お母さんもですよ」と
医師に言われ…頭の中でカーンと
鐘が鳴りました🔔(笑)

私自身、障害を持って生まれて来ました。
幼稚園と言う小さな社会に出てから
人と違う事を思い知らされました。

そして8~9歳にかけて手術を数回。
その頃から「何の為に生まれて来たんだろう?私」
「生きてる意味はあるのか」と悶々とした日々。

低学年の頃、担任と「心のノート」を
一人ずつやり取りしてて
良く詩を書いていた私。
「死にたい」と詩の中に入れたら…
その日の夕方、担任が自宅にすっ飛んで来た事も(苦笑)
母の手前、何とか誤魔化して帰って貰いましたm(__)m

自殺しても、あの世には行けないこと。
この世にも戻れないこと。
お寺の地獄絵を見たりして自分なりに悟りました。

小学校卒業アルバムに「将来の夢」を書く欄があって、
女の子達は「花嫁さん👰」と。
8歳で障害が治らないと分かった私は…結婚を捨てたので、
花嫁さんと書いてるクラスメイトに「ケッ!平和で良いよな」と斜めに見ていました(笑)


40代になって漸く原因と言うか、
病名と言うか、障害名がハッキリした瞬間でしたので
鐘がなったと言う訳です😆🍀